インプラント治療の名医の見分け方


インプラント治療の名医の見分け方についてご紹介していきます。

2012年に、NHKの「クローズアップ現代」が、インプラント治療について放送されました。

内容は、「インプラント治療は事故が多く、大変怖い治療である」ということと、
歯科医師は倫理観に問題があると言った批判などでした。
インプラント治療をしてきた歯科衛生士としては、ショックな番組でした。

問題なのは一部の歯科医師だけで、実際に、インプラントの知識や技術に大変力をそそいで、
勉強されている先生も多いです。

メディアは、真実を伝えていないと思いましたので、
ここでは、インプラントを安心確実に受けられるために

まずは、患者さんが、インプラント治療に対する知識や真実を知ることや
そして、同時に、信用に足りる歯科医師を選ぶ目を養うことが大切だと思いますので
インプラント治療の豆知識として私の勉強してきたことをお伝えしていきたいと思います。

歯科医師を選ぶ基準は?

インプラントを成否は、歯科医師選びにかかっているといっても過言ではありません。
しかし、歯科医師の力量を見抜くのは、とても難しことです。
「症例数」「肩書き」などは、本当に基準になるのでしょうか?

①「症例数」が多いほどいいの?

手術の回数があまりに少なく、乏しい歯科医師に比べれば、執刀数が、多いほどいいと思います。
しかし、手術の数だけでは、歯科医師が慣れているかどうか分かりません。

「数」ではなく「質」が大切だと思います。さまざまなリスクを考慮しながら、
安全な治療を行っているか症例数だけでは
わからないです。
(科学的根拠などを意識せず、自分の経験から独自の埋入方法を行っている歯科医師もいるとということです)

②信頼できる歯科医師を選ぶ2つの学会の専門医と指導医

・公益社団法人 日本口腔インプラント学会

5年以上の正会員、学会誌に論文の発表や症例の実績のある歯科医師が
厳正な審査や試験を得て認定医の資格です。

この中でに、インプラント専門歯科衛生士の認定資格もあります。
私も将来、インプラント専門歯科衛生士にないたいので勉強中です。

・公益社団法人 日本顔面インプラント学会

※この2つの学会の専門医と指導医の先生なら厳しい試験に
合格できたのだから信頼できると思います。

中には、数人の歯科医が集まった、勉強会のようなものがあり、
学会として活動に乏しく簡単な審査のみで
専門医等の肩書きを与えていることもあるそうです。

社会に対して責任を持つ公の組織の機能はないと判断ができるのではないでしょうか。

 

信頼できる歯科医師を見分けるチェックリスト
(コミュケ―ション能力)

私も子供を産む前に、インプラントの聖地、予防大国スウェーデンの
イェテボリ大学で勉強された先生の歯科医院で働く機会がありました。

インプラント治療後のメインテナンスで、
インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)にならないようにすることばかり
勉強していました。歯科衛生士の仕事ですから当然なんです。

今私の勤務している歯科医院では、設備が整ってない事とインプラントの技術力・症例数とも、
まだ、まだ勉強中の段階です。しかし、他の歯科医院で、インプラントをしたのに、
メンテナンスに来る方もいらっしゃいます。

どうして自分のインプラント治療を受けた歯科医院で、
メンテナンスをされないのか?とても不思議でした。

歯科医師を見分けるに当たり、症例数や肩書きなど、
「外側」から見れることも大切だと思いますが、
私は、歯科医師とのコミュケ―ション不足が、原因だと思います。

インプラント治療はメンテナンスまで考えると
歯科医師や歯科衛生士と一生の付き合いになると思います。

十分なコミュケ―ション能力を持った歯科医師でないと、
患者さんはつらい思いをされると思います。そこで

信頼できる歯科医師を見分けるチェックリスト

(歯科大教授が明かす 本当に聞きたいインプラントの話 矢島安朝教授著書より)

を紹介します。判断基準の最大のポイントは、「患者さんを大切にしているか」ですので
御自分の目でしっかりチェックをしてくださいね。

①インプラント治療に対する自分の期待や希望を質問しましたか?

②インプラントのメリットやデメリットの説明も詳しくしてくれましたか?

③リスクファクターの話も詳しくしてくれましたか?

④治療の前に十分な検査や診査をしてくれましたか?

⑤CT撮影はしましたか?

⑥質問したことに、時間をかけて切実に対応してくれましたか?

⑦流れ作業で治療してませんか?

⑧あなたの名前と顔を覚えてますか?

⑨スタッフ教育の行き届いた、明るい雰囲気の歯科医院ですか?

①~⑥は必須項目です。⑦~⑩は御自分での判断でお願いします。

インプラント治療を成功させるためには賢い患者さんへ

インプラント治療を成功させるためには「すべてお任せします」と
いう姿勢の受け身ではだめだと思います。

高いインプラントの費用を支払うのですから積極的に、
歯科医師にインプラントに対する不安や
希望などをどんどん伝えていくことも大切なことだと思います。

▼地域のインプラント専門医院はこちらをご覧ください。
インプラント治療はこちらで検索!!【インプラントシーク】

記事が参考になったよ!とか面白かったよ!
と思われましたらブログランキングをクリック
していただけるとうれしいです。

宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ インプラントへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website